Logging
受信したログデータを格納します。

フォルダ構成

PAL_Viewer.exe と同じフォルダにセンサーIDと同じフォルダが作成されます。
ファイル名
内容
raw_{ID名}_20YYMMDD.txt
到達したデータごとのログが表示されます。
※ PAL 親機アプリケーションの出力ではありません。
{ID名}_20YYMMDDHH00.txt
1時間毎のログファイル(1分単位で記録、値は1分間隔で平均化)

ログファイルの項目

ログファイルには以下のような項目が並んでいます。
1
;2018-12-25-12-06-09;DATA;126;10539;AMB_04;2610;2746;2063;499;0
Copied!
以下に要素を解説します。SENSE PAL の種別によらず、すべて出力されます。
名前
内容
日付
2018-12-25-12-06-09
受信時刻で、YYYY-MM-DD-HH-MM-SS の並びになっています。
種別
DATA
データがある場合は DATA。NODTはデータなし。
LQI
126
LQI(受信レベルに相当)値
続き番号
10539
データの続き番号。
※ raw.txt では、SENSE PAL が報告する番号。
※ 1時間毎のログでは 0~59 が順番に並びます。
ID
AMB_04
ノードのIDラベル。センサー種別+論理ID。 (AMB:環境センサーPAL、OnC:開閉センサーPAL)
電圧[mV]
2610
mV表示の電源電圧
温度
2746
温度。単位は[℃]の100倍。2746であれば27.46℃。
湿度
2063
湿度。単位は[%]の100倍。2063であれば20.63%。
照度
499
照度。単位は [Lux]。
開閉状況
0
0: 開 1,2: 閉
※ 環境センサーPAL では 0 が出力されます。値の平均化処理により、1分おきのログでは期待通りの値が記録されない場合があります。
Last modified 2yr ago